2017年になりました。

新年の2日間で食べすぎて消化器官不調のまま風邪をひき、厳しい滑り出しとなりました。

今年もガラスの胃腸とともに生きて行きます、りのです。

昨年は身の回りの状況がめまぐるしく変わり、ダンスはそこそこだったので今年はたくさん踊るぞ!と意気込んでいる今日この頃です。

さて、新年2発目七草粥の日でした今回の初心者講習は満員大入り、久しぶりにお会いする先輩方もたくさんでとっても嬉しかったです!



このお姉さんも!



このお兄さんも!



もっと写真撮っておけばよかった…

 

ジャイブ②(Jive②) 



 

1. フォラーウェイロック ×2 (Fallaway Rock) QQ QaQ QaQ QQ QaQ QaQ
2. チェンジ オブ プレイス R to L (Change Of Places R to L) QQ QaQ QaQ
3. チェンジ オブ プレイス L to R (Change Of Places L to R) QQ QaQ QaQ
4. ヒップバンプ (Hip Bump)×2 QQ QaQ QaQ QQ QaQ QaQ
5. チェンジ オブ ハンド ビハインド バック(Change of Hand behind Back) QQ QaQ QaQ
6. チェンジ オブ プレイス L to R (Change Of Places L to R) QQ QaQ QaQ
7. ダブルウィップ (DoubleWhip) QQ QaQ QQQQ QaQ
ラテンは前回に引き続きジャイブです。

ステップは皆さん大丈夫そうでしたね^^

ジャイブで困ったときの帳尻合わせ、フォーラウェイロックのトントンですが、2種類あります。



1.ナナメにトントン

ラテンホールドのときはこれ



2.真後ろにトントン

片手のときはこっち

混ざらないようにきっちり押さえておきましょう。

 

それから、チェンジオブハンドビハインドバックの際は男性は女性の手を上から取るんでしたね。



こんな感じで、女性の手をクレーンで吊り上げるようにして持ちましょう。

今回はジャイブのシャッセの練習もしました。

分解すると、ついて、寄せて、落として、上げる4段階です。

余談ですが、連写の甲斐むなしく良い写真がまったく撮れなかったため文字での説明になってしまいました…。次回からはもっと連写します。

また、ジャイブは非常に早いので歩幅が大きくならないように注意しましょう!

コンパクトに速く!がポイントです。

このジャイブ独特の上下は今回のステップだとダブルウィップ以外全部に入ってきますので、ご機嫌におしゃれにジャイブらしく踊るには必須かなあと思います。

 

続きましてスタンダード!

いつもの基礎練ですが今回はスウェーの話がありました。

ワルツはじめスタンダード種目で重要なこのスウェー、なんとなく皆さんもそれっぽい!と見覚えはあるのではないでしょうか。



男女ともに、こんな感じで体を傾けて踊ります。このとき、イメージだけでやると手だけを傾けがちなので注意。

実は体ごと、お尻の下あたりから傾けて使います。これまたなかなか難しいので、しっかり練習して身につけていきたいですね!

 

スローフォックストロット②(Slowfoxtrot②)


0. 予備歩 (Preparation Step) Q
1. フェザーステップ (Feather Step) SQQ
2. リバースターン & フェザーフィニッシュ(Reverse Turn & Feather finish) SQQ SQQ
3. スリーステップ (Three Step) SQQ
4. ナチュラルターンの1~3歩 (Natural Turn 1~3) SQQ
5. クローズドインピタス アンド フェザーフィニッシュ (Closed Impetus and Feather finish) SQQ SQQ
スローの復習です。

これといって特徴が掴みにくく、わかったようなわからないような友達のような知り合いのようなそんな曖昧な関係、スロー。

挨拶はするし、名前と顔は一致したんだけど…そんな頃かと思います。

理解を深めるためにところどころひじの位置が変わることを意識してみましょう。



↑フェザーステップ。左が前です。



↑リバースターンの後のフェザーフィニッシュ。やっぱり左が前。



↑スリーステップ。今度は右が前です。

これらの切り替えをナチュラルにボディからできるようになると、スローらしく滑らかさも出てくるかな、と思います。

さて、難関ナチュラルターンです。



ここから



前進(女性は気持ちよけるように後退)



回り込んで



女性の両足を揃えさせて



後退、です。

ワルツのナチュラルターンのように前進、前進としてしまう人がいるようなので気をつけましょう。

きれいに女性の足を揃えてヒールターンさせられると良いですね^^

またしても余談なんですが、ダンスの用語ってひとつひとつ説明してもらう、っていうよりもやりながら覚えていくことが多いですよね。

しかもフォワードやらバックやらライト、レフトなんて名前が付いてるのは男性から見た方向なのでパートナー的には一瞬迷っちゃったりすることもしばしば。

ナチュラルなんとかは右回転で、リバースが付くのは左回転、なんてのもダンスを始めて一年近く実は知りませんでした 笑

案外ステップそのまんま付いてるものも多いので、あれってそういうことか…となることは日常茶飯事だったりします。いかに頭使って踊ってないかがバレちゃいますね!



今回2箇所あります女性のヒールターンですが、かかとで回るぞ!と意気込みすぎるとなんだか難しいですね。

そんなヒールターン初心者のみなさんは、踵と踵をぶつける感じにすると比較的回りやすいようです。



皆さん姿勢もはじめの頃に比べるとだいぶ良くなってきましたね!

寒さ厳しい冬ですが、たくさん踊っていきましょう^^

おしまい!

 

 

★今後の予定★

・1/15 渋谷・池袋 体験プログラム@新宿

・1/21-22 日暮里冬合宿 日光霧降(月1飲み含む)

・3/12 第7回サークルJカップ

 

 
★イイネ!を押してもらえると書く励みになります(^^ゞ★