こんばんは! 本日3つ目のレポート、まつけんです!

そろそろ6月のJカップが近づいてきましたね! 種目はまだ何になるかわかりませんが、近々公開されてエントリー受付が始まるかと思われます。新人の方々もデビュー戦にいかがでしょうか? 4/30(日)の渋池日合同BBQの時に、Jカップの話をしてみてもいいかもしれませんね!(宣伝)

今回は両方とも復習回なので、踊りこみがメインでした! というわけで、今回は写真少なめでお送りします…! サムネは力が入りすぎて顔が変わってるゲフ!

それではヴェニーズワルツからです!

・ヴェニーズワルツ①・②




1. ナチュラルターン 7小節(Natural Turn 7bar) 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3
2. チェンジステップ(バックワード) (Change Step Backward) 1 2 3
3. リバースターン 7小節 (Reverse Turn 7bar) 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3
4. チェンジステップ(フォワード) (Change Step forward) 1 2 3
これまでやってきた、ナチュラルターンとリバースターンを繋げて踊ります! まずは復習から。

ナチュラルターンは前進する人が、後退する人をどかしつつ前進します。その時、2歩目の足は逆ハの字になるようにしてください。

 足は離れすぎないようにして、逆ハの字

 そして揃える。

また、リバースターンのコツは頭を引いて、左手より外を向くようにすることでした。これはやってみるとわかるのですが、回りやすさが全然違います!

 左手よりも外を向く!

 頭は引くように!

LODが進行方向に対して左方向に曲がるようになっているため、リバースターンは真っ直ぐ進む時よりも多く回らなければなりません! 回転量が足りないとLODの外へ飛び出して行ってしまいます!

また、今回は8小節目でチェンジステップをやりましたが、必ず8小節にしないといけないわけではありません。Jカップに出るときなどは、リバースターンを少な目にして4小節目にチェンジステップにしてみたり、全てナチュラルターンでもいいかもしれません! その際は目を回さないように注意です!

・サンバ①


1. ホイスク ×4(4回目回転してP.P.へ) (Whisks) 1a2 1a2 1a2 1a2
2. サンバウォーク in P.P. ×3 & サイドサンバウォーク (Samba Walks in P.P. & Side) 1a2 1a2 1a2 1a2
3. クリスクロス ボタフォゴ (CrissCross Bota Fogos) 1a2 1a2 1a2 1a2
4. クリスクロス ボルタ (CrissCross Voltas) 1a2a3a4
続いてサンバです! 踊りこみの前に、ボルタの復習とボタフォゴの腕の練習です!

ボルタでは前足だけ前に出そうとすると、足を引きずるような動きになってしまいます。

 前足だけで進もうとしないように!



 この位で良いです!

ボタフォゴの腕はずっと謎でしたが、今回初めて練習しましたね! 腕は伸ばして、手首を曲げます。このとき、外側の足のつま先は少し外を向くようにします。

 腕は伸ばす! 手首曲げる!

 腕は伸ばす! 手首曲げる!

 2歩目(外側の足)は踵を上げておきましょう!

この練習を正面から見ると、かなり迫力があります!

   

段々近づいてくる…!

最後にサンバウォークの時のホールドについてです。ホイスクから向きが90度回転するため、ホールドが崩れてしまいがちですが、しっかり枠を作ってホールドを崩さないようにしましょう!

 ホールドをキープ!

 しっかり枠を作りましょう!

 

★☆★今後の予定★☆★

4/25(火):池袋月一飲み会!

4/30(日):渋池日合同BBQ!!

 
★イイネ!を押してもらえると書く励みになります(^^ゞ★