紳士淑女のみなさま。おはこんばんちは。
おやさいです。

最近ペットの放流とか問題になってますね。
多摩川なんか,放流されすぎて
通称“タマゾン川”と呼ばれるくらい
色んな生き物が生息してるそうです。
もとの生態系なんてあったものじゃないですね
( ̄▽ ̄;)

私も子供の頃飼ってた亀が脱走して
図らずとも放流してしまった事があります。
野良亀となって元気にやってくれてるなら
良いのですが……


写真は野良“ルンバ”……です。
玄関を開けた隙に脱走したのでしょうか?
お家に帰れないその姿に悲哀を感じます……。
無事にお家に帰れるといいね。

放流は生態系への深刻な悪影響が懸念されます。

と,雑談はこの辺にして,
今日のレッスンはまずルンバから。

ルンバ②


0. 予備歩 (Preparation Step) 41
1. オープンヒップツイスト (Open Hip Twist) 2 3 41 2 3 41
2. ホッキースティック (Hockey Stick) 2 3 41 2 3 41
3. ニューヨーク ×3 (New York) 2 3 41 2 3 41 2 3 41
4. スポットターン to L(発展) (Spot Turns to L) 2 3 41 2 3 41
後半追加 (1.に戻れます)
5. アレマーナ (Alemana) 2 3 41 2 3 41
6. ハンド トゥ ハンド ×3 (Hand to Hand) 2 3 41 2 3 41 2 3 41
7. スポットターン to L(発展) (Spot Turns to L) 2 3 41 2 3 41
ルンバは社交ダンス ラテン種目でも
最もスタンダードな種目です。
ルンバでの体の使い方は全てのラテン種目の
基礎になってたりするので,
大体ラテンはルンバから習うことが多いと思います。

さて,このラテンの基礎とも言えるルンバ。
これは一体どういうものなのでしょうか。

ルンバと言うと,よく社交ダンスでの紹介では
“ラテンアメリカの奴隷の動きがルーツ。
鎖を引きずるような足の動き,
愛を表現した所作が特徴。”
と,紹介されます。

果たしてそうなのか,
Wiki先生にお願いして色々調べてみましょう。

Wikipedia———
ルンバ(Rumba)とはキューバのアフリカ系住民の間から生まれたラテン音楽であり、リズム名でもあり、ダンス名でもある。

また、1930年代にアメリカ経由でキューバの『ソン』が、ルンバ(Rhumba)として紹介され広まった。これはキューバでのルンバとは別物であるが、世界的なルンバ・ブームを経て、社交ダンスやムード音楽など独自の発展を遂げた。
——————

どうも,『ルンバ』と言うと二種類あるみたいですね。
キューバのアフリカ系移民,
平たく言うと奴隷から発祥した音楽『ルンバ(Rumba)』と,
キューバの音楽『ソン(son)』の名前を変えた『ルンバ(Rhumba)』。

この元祖ルンバ(Rumba)は打楽器,
コーラスを主体としたかなり早い音楽です。
凄いエスニックでプリミティブな感じです。
この元祖ルンバ(Rumba)は3つに区分できて
・コルンビア(Columbia)
・グァグァンコー(Guaguancó)
・ヤンブー(Yambú)
と言う三種類に分類できるそうです。

二つ目の『グァグァンコー』が,
恋の駆け引きをテーマにした曲が多く,
男女でペアになって踊られ,
扇動的な振りが入るそうです。

お,なんか我々の知るルンバに
説明が近づいてきました。
この『グァグァンコー』がルーツなのでしょうか?

…………で,YouTubeで片っ端から動画見てみたのですが,
この元祖ルンバは3つとも
我々の知るルンバと雰囲気が全く違うし,
足を引きずるような動作もありません。
若干振り付けに通じるものもあるかなー,
って感じでした。

一方『ソン』は,メロディアスで
音楽もダンスも,なんとなく我々が
社交ダンスで踊るルンバやチャチャチャに
近い雰囲気を持っています。

この『ソン』が英語圏に伝わる際に
英語の『ソング(song)』と混同しないように
『ルンバ(Rhumba)』と言う名前で紹介されたのだとか。
なので広く『ルンバ』というと,
この『ソン』を指すみたいですね。

さて,社交ダンスとしての『ルンバ』はやはりWikipedia先生によると

Wikipedia——————
1940年代後半以降、キューバ発祥のダンスを西洋のダンス界が取り入れ独自の解釈がされ生まれたダンス。1955年、競技ダンスの正式種目になる。ラテンダンスの中では滑らかでゆったりした動きが特徴。当時はリズムの取り方が、1拍目から踊り始めるスクエア・ルンバ(ボックス・ルンバ)派と1拍目を待って2拍目から踊るキューバン・ルンバ派に別れ大論争が起きた。1962年に英国教師協会が正式にキューバン・ルンバをルンバの基礎とすることを発表し、これ以降社交ダンスでルンバといえばキューバン・ルンバを指すようになる。
——————

とのことです。
結局何がベースなのかはわからんですが
兎に角キューバのダンス・音楽が源流のようです。
やさい的には『ソン』が基になってる気がしますけどねぇ。

ということで,今回の結論としては,
・キューバの元祖『ルンバ(Rumba)』
・『ソン』が『ルンバ(Rhumba)』と言う名前で
広まったもの
・キューバ音楽・ダンスに独自の解釈で生まれた
社交ダンスの『ルンバ』
それぞれ別物です。

なので序文も,“奴隷の動きがルーツ”ではなく,
“奴隷の動きがモチーフ”が正しいのかもですね。

ひょっとしたら専門家の方が出した正解とは
違うかもしれませんが,やさい調べは
この辺にしておきます。

兎に角ルンバは足を引き摺りながら
愛情たっぷりに踊りましょう。
以上!

さて,話が長くなりましたが,
今日のルンバのステップは復習から。
以下写真は諸事情によりアクターがちぐはぐですがご容赦ください。


お互いに目線を向けて愛情を表現します。
愛情100%。

 


4 1 でぐっと近づきます。(4で男性右足前,女性左足後に出して乗る)

1000% Love!

 


2で男性は左足前,女性は右足後ろに出してのります。

そのまま足を動かさず3で男性は右足,女性は左足に乗ります。

近づいたと思いきや離れる愛の表現。

アゲましょう,2000%Love!!

 


再度4で近づきます。と思いきや。


女性がくるりと回転。愛のすれ違い!

正に マジLove Revolution!!

 


23で離れたのち
4でばっと扇形(fan position )に開いて
観客アピール。

すごーい!

ホントの愛はここにあったんだ!!


23で男性は前進後退。
女性は2で右足を寄せて3は左足前進。
体重はカウント毎にキチンと移しましょう。

 


4で男性は足を揃えて手を上げます。
※掌は相手に向けること

女性は右足を出して右足に乗った状態になってます。


2で女性は左足前進,男性は右足後退
3で女性は右足前進,男性は左足に体重をもどします。

3の終わりで女性を反時計回りに回転させます。
かき氷機を回すかのように!

 


で4~1で相対して


2,3で皆大好き『ニューヨーク』!

ポイントは
・爪先をターンアウト(外向けに開く)
・肩甲骨を縮めてしっかりと胸を張り
手を斜め後ろに伸ばす
です。
この相対からニューヨークを三回繰り返して……


4で三回目相対したときに掌を合わせます。
男性は左足,女性は右足にちゃんと乗っておくこと!


2で,男性は右足を,女性は左足を
相対しているポジションから横に出して乗る。
画像のような格好になります。


2~3の間で,出した足の“上で”
男性反時計回り,女性は時計回りに回転

 


3で男性左足,女性は右足に乗ります。
この左足,右足の位置は元立っていた場所になります。

 


3~4の間で4分の1反時計回り回転して,
4で男性右足,女性は左足に乗ってます。

これで始めに戻ります。

 

という感じでした。

今回は出した足に体重をしっかりと乗せるのが
ポイントですね。
体重乗せないと出す足間違ったりしやすいです。

なんかルンバ長くなりすぎましたが,次はワルツ!

ワルツ②


0. 予備歩 (Preparation Step) 3
1. ナチュラルスピンターン
(Natural Spin Turn)
1 2 3 1 2 3
2. リバースターンの4~6歩
(Reverse Turn)
1 2 3
3. ホイスク(Whisk) 1 2 3
4. シャッセ from P.P.
(Chasses from P.P.)
1 2& 3
5. ナチュラルピンターンの1~3歩
(Natural Spin Turn 1~3)
1 2 3
ワルツと言えば社交ダンスを代表する種目。
……,またワルツについて語るとめちゃ長く……
( ̄▽ ̄;)
只でさえ私のレポートは長すぎる!と
よく言われますので今回は止めときます。
ワルツとはなんぞや?については
次回にご期待下さい。m(_ _)m

ではでは,レッスンの様子です。

 


ナチュラルターン

1 男性重心を下げながら(ロワー)右足前進,
女性はロワーしながら左足後退

2 男性重心を徐々に上げながら(ライズ)左足前進,
女性はライズしながら右足後退。
時計回りに回転90度くらい回転します。

3 重心を最大限上げて,男性左足に,女性は右足に
もう片方の足を寄せます。
寄ったら重心を下げ始めます。



スピンターン

ちょっと連続シャッターが切れなくて申し訳ないですが

1 で男性ロワーしながら左足やや斜め後ろに下げます。
その際爪先は内側に少し向けること。
女性はロワーしながら右足を
【しっかりと男性の股の間に】出すこと。
遠慮するとできません。

2 でくるりと時計回り回転します。
ピボットターンと言われる難しいターンです。
男性は左足の上で回転します。
女性は男性の回転に合わせて左足前進。
ちょうど男性が回転して道を譲る感じです。
で,2の終わりで男性は右足に乗ってライズ。
右足は女性の左足の内側に出すこと!
女性は左足で時計回りに回転。
その際右足を寄せるとベターです。

3 で男性は左足から後退,女性は右足前進です。

うーん,難しい。


ホイスク

1 ロワーしながら男性左足前進,女性右足後退

2 ライズしながら男性は右足から右へ,
女性は左足から左へ

3 男性は左足を右足の後ろにかけます。
女性は右足を左足の後ろにかけます。
男性は右肘を少し引いて左を見ます。
女性は首をくるりと返して右側をみます。
プロムナードポジション(通称 PP)と呼ばれる
ポジションです。


シャッセ

1 ロワーしながら男女とも内側の足から前進します。

2 ライズしながら男性は左足前進。女性は右足から進行方向へ。この時に女性は首を右から左に返して,初めの組み方に戻ります。

2と3の間(&カウント) 男女とも進んでる足にもう片方の足を寄せます。この行為がシャッセです。

3 男性は左足前進。女性は右足後退

 

で,またナチュラルターンに続きます。

その際は【男性一歩目はは女性の外側に足を出して】ください。

と,今回はここまで。


そして皆で仲良く終わりのストレッチ。

何か今回はルンバの話ばっかりしてた気がします。
てか話長すぎた。反省。
ワルツもがんばるんば。

 

@@@@ 近々の予定 @@@@

8月上旬~中旬のどこか:8月企画
8月20日(日):Jカップエントリー〆
8月25日(金):渋谷月1飲み会
8月29日(火):池袋月1飲み会
9月3日 (日):Jカップ

@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 

【オマケ】
7月25日(火)は池袋月1飲み会でした。
人数多くてお店の人もテンパりぎみ。

ともあれ賑やかなのはいいことです。

ちな、猛者の何人かがまた我が家に押し掛けてきて
朝まで飲んでました。
私,水曜日仕事……(´Д`)
★イイネ!を押してもらえると書く励みになります(^^ゞ★