皆さまこんにちは。

 

遅くなりまして申し訳ございません!!

少し前の内容になってしまいますが、レポートです(>’ロ’)>

Jのガールズは本当に仲がいいですね(笑)

 

ヴェニーズワルツ①(Viennes Waltz①)

難易度:★☆☆☆☆
1. ナチュラルターン×4 (Natural Turn) 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3
 

ヴェニーズワルツ②(Viennes Waltz②)
難易度:★☆☆☆☆
1. リバースターン×4 (Reverse Turn) 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3
 

 

この日はヴェニーズワルツの復習回。

ナチュラルターンとリバースターン、よく聞く名前のステップを繰り返すだけの簡単な…簡単な。

否、難解な種目なのは皆さんもご存じのことでしょう。

 

前に先輩から聞いた話ですが、Vwにはいろんな種目の要素が詰まっているそうですね。

ワルツはもちろんのこと、タンゴやスローやら。

ナチュラルターン一つ取っても、一歩一歩砕いて考えるとやること、気を付けることが山のようにあります。

が!まずはステップを覚えてまっすぐ進むことから始めましょう(笑)

 


リーダー(前進)は相手をしっかり超えて、まっすぐ進みましょう。

 


横に足を開くときは逆ハの字で!

 

Vw①②は基本的に前進と後退の繰り返し、リーダーが交互に入れ替わるようなイメージです。

うまく回り込んで前進が出来ないと内側に進んで行ってしまいます。

リバースターンも同様、前進と後退を意識しますが…こちらはあまり大きく動こうとせず、正確にステップと立ち位置を意識してみましょう!

ナチュラルターンだけでも踊りきることは可能ですが、三半規管の限界もあると思うのでリバースターンは必要です。

 

サンバ①(サンバ①)
難易度:★☆☆☆☆
(小節)
サンバ①とサンバ②は同じステップです
1. ホイスク ×4(4回目回転してP.P.へ) (Whisks) 1a2 1a2 1a2 1a2
2. サンバウォーク in P.P. ×3 & サイドサンバウォーク (Samba Walks in P.P. & Side) 1a2 1a2 1a2 1a2
3. クリスクロス ボタフォゴ (CrissCross Bota Fogos) 1a2 1a2 1a2 1a2
4. クリスクロス ボルタ (CrissCross Voltas) 1a2a3a4
 

続きましてはサンバ。

ステップ復習からの踊り込みデー。時間しっかりと踊り込む練習はなかなか出来ないので、苦戦した人も多かったのではないでしょうか。

 


みんな並んでボタフォゴの練習。

腕をきれいに上!横!片手はふさがっているので空いている方の手で華麗に決めましょう!

ただし笑顔は忘れずに(笑)

 


この日は面白がって全体写真ばかり撮ってて肝心の説明写真を撮ってませんでした、ごめんなさい(笑)

 

タイミングぶれぶれですが、Jカップも無事終わりました。

課題の見えた人、なんとなく終わってしまった人、いろんな方がいるとは思いますが。

次のJカップまで少しだけ時間が空きます!ここで行動するかしないかで次の結果差が出ると思いますよ!

 

 

以上です!
★イイネ!を押してもらえると書く励みになります(^^ゞ★