こんにちは。みやけんです。

渋池合宿がようやく終わってひと息付けたので遅くなりましたが、レポートを開始します。

(まだもう一つレポートが残ってますが・・・・(-_-メ))

今回の練習種目はパソドブレでした。

動画とステップはこちら↓↓↓



1.スパニッシュライン (Spanish Lines)1234
2.フラメンコタップ (Flamenco Taps)12&34
3.プロムナードクローズ&シャッセ(Promenade Link & Chasses)12 34
4.ドラッグ (Drag)1234
5.プロムナード (Promenade) 1234 1234
6.エカルト (Ecart)1234
7.プロムナードクローズ&シャッセ (Promenade Link & Chasses)12 34
8.シャッセ to R (Chasses to R)1234
9.オープンテレマーク (Open Telemark)1234 1234
10.プロムナードクローズ&シャッセ(Promenade Link & Chasses)12 34
※動画11のシュールプラスはサークルではやりません。撮影ミスです。すいません。
※12.のセパレーションは、④へ移動します。

注意:前回の練習では、プロムナードクローズ&シャッセの後はシャッセと教えてくれましたが、ドラッグだそうです。。

では、注意事項です。オープンテレマークで女性が男性が前に行くときによける時ですが、、


この様に横に行き過ぎないように!!


後ろに下がって避けます。


あと、男性もですが、PPの時はしっかり前の足に乗りましょう~( `ー´)ノ

その後は腰をキュッとひねって足を揃えて下さいね!(^^)/

同じようにフラメンコタップをしたあとに足を揃える前ですが、キュッと腰をひねるコツとして事前におへそを外側に移動させておきます。そうするとうまくキュッと腰をひねることができます!!


男女共におへそをググッと外側に動かして、、、、


キュッと腰をひねって足を揃えます。

カウントの1からひねる準備をしておかないと、、、

 
上手く足をそろえなくなります。。

また、パソドブレは基本行進なので、足をしっかり踏んでください。


こんな泥棒足にならないように、、、(-_-メ)


しっかり踏んで下さいねー(”ω”)ノ

次は手のポイントです。

下の写真のように手首を曲げないで、、、


ピシッと手首は真っすぐして下さい。


続いて新しい種目のべニーズワルツです。

動画とステップはこちら↓↓↓



1.ナチュラルターン×4 (Natural Turn)1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3 1 2 3

ステップは1種類しかありません!!(笑)

あ、簡単かも!と思ったら甘い甘い!!実際にやってみると非常に難しいです。”(-“”-)”

では、ステップの説明から。

男性は右足前進、横に開いて閉じる、左足後退、横に開いて閉じる、、、です!!以上!!


女性は左足後退、横に開いて閉じる、右足前進、横に開いて閉じる、、、、です!!以上!‼


やはり簡単ですね!(笑)でも難しいです!!(゚д゚)!では注意点いきましょう!!

前進するときは足を進行方向(赤矢印)にまっすぐ出します。閉じる時は少し斜めになります。


後退するときも同じです。


組んだ時は男女は半分ずれた状態になります、その状態で回転するのですが、内側(赤線)と外側(青線)で距離の違いが出てきます。


先生の例えだと陸上競技のトラックでカーブするときの1コース、2コースで走る距離が変わると同じそうです。

男性前進の時は、女性が1コース(赤線)、男性(青線)が2コース側になります。

となると、、、女性は距離が短いのであまり動かない!!男性は距離が長くなるのでたくさん動くことになります!!

女性後退の場合はその逆ですね。

んっ!なんかよく分からなくなってきましたね。。。

まだまだ注意点ありますよ!!

男性前進の時は女性は避ける感じで横に、男性は真っすぐ進むようにしてください。そうしないとどんどんあらぬ方向へ進んでいってしまいます。

前進する人はここまで(下の写真の女性の方)足を置くようにしましょう。


また、後退する人(下の写真の男性)は前進する人の邪魔にならないようにしましょう。

こうすると邪魔になります!!


後退する人はこの様に足がハの字になるように!!


そして閉じます。


また、ワルツほどではないですが上下動があります。やり過ぎるとぴょこぴょこになってしますので頭に水瓶を乗せてこぼさない様なイメージで踊ってください。


スタンダードの基本ですが、やはりヴェニーズワルツもお互いの体をできるだけくっつけて踊りましょう!!

離れてしまうと遠回りの原因になって回るたびにずれていってしまいます。


最初の回転で1ミリずれると次は2ミリ、次は3ミリと回れば回るほどずれていくので、修正が難しくなって後半になるほど踊りにくくなっていきます。

逆に言うとずれがなくヴェニーズワルツを踊れるということはスタンダード全体がうまいということになるので、スタンダードを極めたい人は、頑張って下さい!!(笑)

あと、先生は最後に「ステップは簡単なので絶対に周りの人の踊りを確認しながら踊らないでください!!絶対に上手くなりません!!」と言ってましたので心当たらがある人は注意して下さい!!

今回はここまで!!

////////////今後の予定///////////////////////////

10/20(金) 渋谷月一飲み会

10/24(火) 池袋月一飲み会

10/29(日) ハロウィンパーティー

11/12(日) サバゲー企画

12/23(土) 第10回Jカップ

///////////////////////////////////////////////////

 

★イイネ!を押してもらえると書く励みになります(^^ゞ★