バレンタインデーも過ぎ、街中に桜柄が溢れてまいりました。
もうすぐ春ですねえ。ちょっと踊ってみませんか。
おはようございます、ぽーるです。

************************************

本日はチャチャチャから。もちろんその前に基礎練をやります。
分離して動かす、って頭では分かっていても、体は言うことを聞いてくれないんですよね…。
鏡とお友達になってちょっとずつやっていきましょう!


ではでは本編チャチャ①前半。



0. 予備歩 (Preparation Step) 4&1
1. オープンヒップツイスト (Open Hip Twist) 2 3 4& 1 2 3 4& 1
2. ホッキースティック (Hockey Stick) 2 3 4& 1 2 3 4& 1
3. ニューヨーク ×3 (New York) 2 3 4& 1 2 3 4& 1 2 3 4& 1
後半 追加部分↓
4. アンダーアームターン to L (Spot Turns to L) 2 3 4& 1
5. スプリットキューバンブレイク ×2 (Split Cuban Breaks) 2&3 4&1
6. ニューヨーク (New York) 2 3 4& 1
後半 追加部分↑
7. スポットターン to L(発展) (Spot Turns to L) 2 3 4& 1

先週もやりましたが、極端に言えば「ルンバの足が多くなったやつ」です。
ルンバも同時に復習できる(?)素敵な種目ですね。

前回もあった注意点は
片足に体重が乗ったときの逆の足に気をつけましょう!
一緒に動いてしまったり、ステップを踏んでしまったりすると、
そのあとのステップが大混乱です。

また、ファンポジションの後、女性足を揃えますが、後ろに揃えますよー。

今日もニューヨーク練をしていました。
完成形で、手首を返して、背中を縮めるというのももちろん大事ですが、今日は手の出し方。

素早く手を出すためには「曲げておいて一気に伸ばす!」が大事です。
例えば鞭とか、ヌンチャクとかも、曲げておいて伸ばすからこそのあの威力とスピードですね。

ニューヨーク
ファンポジションも同様にピッ!と出せるようにしていきましょう!


ロックについても細かめにやったのですがこれがまた大変…

二歩目を深くかけます。
かかとは上げておきます。

バックロックも後ろの足はかかとを上げたまま、前の足は下ろしたまま動いておいて
最後は後ろ足に体重が乗るので、前の足のかかとが上がります。

この辺りを気にするととてもチャチャらしくなって素敵だと思います!


さらに本日は”歩き方”の練習をしました。

とにかく「つま先から!!」が最優先ですが
足の甲を立てて動いたり

甲を立てる
体重が乗っている方の膝を曲げないように気をつけたり

体重と膝
体重と膝2
と気にしなくてはいけない点がたくさんあります。
ルンバも一緒の注意点でしたがチャチャはテンポが速いので大変ですよね。


************************************

では続きましてクイックステップ…の前にこちらも基礎練から。


耐久ホールドもありますが、今日は足を動かしながらやりました。
横にスライドして動いてます。

ホールド
横移動
また来週から行う基礎練、ボックスの予習を行いました。
ワルツ⓪に似ていますが、ボックスの方はずっと同じ回転で動きます。

では本編クイックステップ①。
こちらも”水をこぼさないように”なめらかに踊る種目ですね。



0. 予備歩 (Preparation Step) Q
1. ナチュラルスピンターン (Natural Spin Turn) SQQ SSS
2. プログレッシブシャッセ (Progressive Chasses) SQQS
3. フォワードロック×2 (Forward Lock) SQQS SQQS
4. ナチュラルスピンターンの1~3歩 (Natural Spin Turn 1~3) SQQ

まず、何より名称とカウントが大事です…!
人間、名前の付いてないものは覚えられない(認識できない)ですからね…。

…と、先生の受け売りをそのまま書いていますが
ぽーる自身は名称覚えるのめっちゃ時間かかりました…
ちなみに人の名前を覚えるのも超苦手です…


では足を出す位置など、ステップについて。

ワルツとよく似たステップなので、似たような注意点ではありますが…
1. 右足は基本的に相手の中に入ります(例外は後述)
ナチュラルターンの1歩目の男性の足、
スピンターンの1歩目の女性の足、
などなど…

右足は中
2. スピンターンが終わったときの角度に注意しましょう

ちなみにスピンターンの2,3歩目の足はかかとが上がるので、そんなに進めないはず…!

3. アウトサイドになるタイミングに注意しましょう

アウトサイドのタイミングでは、男性、手を若干相手側に回します。

アウトサイド
3-a. ロックのあとのナチュラルターン
ここはワルツと同じですね。
一番最初のナチュラルターンのときは中ですが、
続けてきたあとのナチュラルターンはアウトサイドでした。

3-b. シャッセの後ロックの1歩目←NEW!!
これはクイックステップで初めて出てきましたね。
(そもそもロックが新出か…)


4. かかとをあげる!
上下動は、基本的に1歩目が低く、そのほかが高いです(来週の範囲なのでさらっと)。
高い、ということはかかとを上げている、ということ。
特に、シャッセとロックのとき(QQSの部分)はかかと上げたままです。

ロックのかかと
さてその他の注意では…

クイックステップ①のステップでは女性が右に向くタイミングはありません。
他の人を見たくなる気持ちも分かりますが、我慢我慢…。
シャッセやロックで進んでいる間は、頭が進行方向と逆に引っ張られているような感覚が良いようです。

あとはクイックステップの拍の取り方に慣れましょう…!
曲が多少速く感じますが、スローカウントのときは2拍分使えるので意外と時間があります。

ぽーる個人的には「『この曲ゆっくりだなー』と自己暗示するとゆっくりに聞こえる」、というのを採用してます。


「できないよー><」という悲鳴があちこちから聞こえていましたが、
来週もあるし日曜復習会もあるので今できなくてもあまり気に病まず
名称とカウントだけはしっかり復習しておきましょう…!


************************************


今後の予定

– 2/20(火):池袋6期月一飲み会
– 3/4(日):第11回サークルJカップ
★イイネ!を押してもらえると書く励みになります(^^ゞ★