さて、先週のレポートを書くのが遅くなってしまいました。3月4日の参加者は少し少なめでしたが、11日はなかなか盛況でした。
日暮里に移ってから、中級は時間が15分ぐらいレッスン時間が長くとるように設定しているのですが、そのおかげで随分と詳しい部分まで解説できています。
まあ、言っていることはなかなか難しいことなのですが、どれもダンスに重要な基礎的な部分です。
よく覚えてくださいね。
IMG_5842

⚫︎チャチャチャ①、③

ステップはもう大丈夫ですね。
角度などが結構大事です。しっかり覚えましょう
そして先週今週とこだわったのはヒップツイストです。
IMG_5874
ヒップツイスト!!
私の中で、ラテン3大重要基礎動作の一つです。
ちなみに、その3つとは
ウォーク
ヒップツイス
スピン
この3つになります。
ヒップツイストは、とにかくひねりましょう。でもひねる際に軸が曲がってしまう人が大変多いです。
立っている足の方は、骨盤を立てて強いまっすぐを作ります。
動かす足の方は、足を動かすのではなくヒップ(骨盤)を動かします。
ちなみに、ヒップを動かしているのは、腹筋や背筋になります。
ひねる筋肉というのはにちじょうどうさであまりつかいません。なので、鍛えられる機会が少なく、弱い方が多いです。
IMG_5840
ヒップツイストの練習の仕方を教えましたが、ぜひ何度も何度も練習してくださいね。
女性は腹筋が引き締まり、
ボン・キュッ・ボン!
のスタイルができるようになりますよ。

⚫︎タンゴ⑥

さあ、タンゴのバリエーションが始まりました。
こちらはとても実用的なステップですね。
だいたいレベル的には、学連の子たちがダンスを始めて1年経ったぐらいに初めて習うバリエーションぐらいのレベルです。
1. ヴェニーズクロスターン QQ&QQ&QQ&QQ&QQ
2. オーバースウェイ SS
3. スウェイチェンジ &S
4. ドラッグ SS
5. セイムフット S
6. ファイブステップ (&)QQQQS
7. プロムナードリンク SQQ
8. フォーラウェイリバース&スリップピボット QQQQ
9. テレマーク QQS
10. レフトホイスク S
11. ツイスト&スタンディングスピン&P.P. Q(&)Q&S S
ヴェニーズクロスターンは非常によく使われるステップです。
いわゆるヴェニーズワルツのリバースターンのタンゴバージョンですね。
タンゴですから上下動は有りません。スウェーも書けないですください。
リバースターンで重要なのは、リバースターンの法則です
これはとても重要な理論ですね。
ナチュラル回転は、前進する人がおおきく進みました。交代する人はすこしよけないといけないのでしたね。
リバース回転でもこれは同じなのですが、ちょっと気をつけなくてはいけないことがありました。
それは、、、優先順位の問題です。
リバースターンの優先順位は、後退の人にあります。
??
前進する人が、いっぱい進んむんじゃないの?
そうなんです。前進する人はリバースターンでも確かにおおきく進みます。でもね、ゆうせんじゅんいがあるんですよ^^
詳しくは、またレッスンで。
ほかにも、超重要ステップ。フォーラウェイリバース&すリップピボットが出てきました。
こちらも重要注意点が満載でしたね。まあちょっとたくさんありすぎるので割愛です。
過去の記事にいっぱい書いていますので、検索してみてください。
あ、ほかにもセイムフットも出てきました。これも重要ステップです。
そして、かっこいいたかみーです!
いやまじで、惚れそう(>_<)
IMG_5841
来週からは、タンゴ⑥の後半になります。
★イイネ!を押してもらえると書く励みになります(^^ゞ★