池袋11期生参加者の感想

コロナ禍でスタートした池袋11期。
以前のように半年に1度の募集ではなく、毎月募集という形に変更されたため、池袋の11期は2020年6月から12月まで入会した人たちになります。毎回の募集人数も以前とは比べ物にならないぐらい少なくなりましたが、それでも毎月入会してきてくれるので、半年間でおよそ80名の方が入会してくれました。

とても、やる気のある人たちが多く、週に2回も3回も参加するような子がとても多かった印象です!

男性Hさん

私が社交ダンスを始めた理由は、元々、サッカーや格闘技をやっていたのですが、30歳を過ぎて、これからこのスポーツは続けられるか?
60歳を超えてもできるスポーツは無いか?
と考えていた時、新型コロナウイルスの自粛期間中にアニメの『ボールルームへようこそ』を観て社交ダンスと出会い、サークルJに入会しました!

私はサークルJの初心者クラスから始めて、最初はステップやリズムを覚えるのには苦労しましたが、講師や同期がサポートしてくれた事もあり、「え、みんなやさしい🥺。すき🥺」と思いながら、楽しく続けることができました。

また、サークルJの良いところは、プロの資格を持った講師陣が正しい知識をもって、分かりやすく教えてくれる点と個人レッスンの制度もあるので、分からない事があれば個別で教えてもらえる環境にあると思います

社交ダンス始めるまでは毎日なんとなくサンドバッグをしばいたりといった日々を過ごしていましたが、今では毎週の社交ダンスの練習を楽しみに生きており、気がつけば週に3〜4回はダンスをする日もあるくらいです!

社交ダンスがこんなに好きになったのは、講師陣やサークルJの参加者が人の良い方の集まりだからだと思ってます笑

これから、社交ダンスを始めようかな!と考えてる方には初心者クラスもあるサークルJはオススメですよ

ご一緒できるのを楽しみにしています!