https:ヴェニーズワルツに新しいステップを入れる

新ヴェニーズワルツについて|<ダンスサークルJ>

●新ヴェニーズワルツ

最近、少し話題になり始めてきたことがあります。

それはヴェニーズワルツに新しいステップを取り入れようとする動きです。

いままでヴェニーズワルツは、ずーっとナチュラルターンと、リバースターン、チェンジステップ、フレックカール、コントラチェック、たったこれだけのステップしか踊られてきませんでした。

正直、あまり面白いおどりではありません。

そこで最近WDSFという団体が中心に、ヴェニーズワルツに新しいステップを取り入れているのです。

たとえば、ランニングステップ、スピン、サイドチェックや、レフトホイスクなど、非常に変化に富んでいます。

ステップが増えることによって、踊り自体もかなり変化している感じがあります。

とくに音楽のとり方が変則的になるので、単調な踊りな感じはしません。



ただ、音楽が速いので難易度はかなり高そうな感じです。

すくなくともバリエーションをすいすい踊れて、ヴェニーズもすいすい踊れないと難しそうな感じですね。

おそらく使用している選手はいまのところWDSFの選手のみだと思われますが、
この流れは近いうち必ず全世界に広がっていくと思います。



サークルJではきっと近いうちにこれを取り入れて踊りたいと思います。

ちょっと研究しますので、ちょっと待っててくださいね。

さあついにやってきました。ヴェニーズワルツ、それも世界で最新のヴェニーズワルツです。

いままでのヴェニーズワルツは、ナチュラルターン、リバースターン、そしてチェンジステップというステップが基本でした。

ほぼ80%それだけで踊っていました。

たまにフレックカールなどは混ざりますが、非常に単調で、はっきり言えば面白くありません(笑)

目が回りますし、音楽の表現も何もあったものではありません。

そーんなつまらないヴェニーズワルツの世界に革命がおこりました。

旗を振っているのはWDSF(旧IDSF)という団体です。

もともとはアマチュアの組織でしたが、現在ではプロ部門を編成して、WDCと世界を2分する団体となっています。

世界的には主にイタリア、ロシアの選手が中心で、日本はJDSFが加盟しています。

そんな団体が、新たに教科書やビデオをだし、ヴェニーズワルツにも多数のステップを加えてきたのです。



そもそもヴェニーズワルツも、ワルツも3拍子なので、同じステップを使えそうなものなのですが、ヴェニーズワルツは音楽があまりに早いため、ワルツのステップは間に合いません。

そこで、大胆にも2小節で1つのステップを使うなど、革命的な音楽のとり方をするステップを作っています。



難易度は、、はっきり言って高いです。

非常に速いスピードで、さらにカウントの取り方が変調するので、難しいです。
画像の説明
でも、、、、、面白い!!!

これはほんとおもしろいですよ。

今回やったのは、まずは基本のナチュラルターン、リバースターンです。

これが出来ないとお話になりませんからね。

そして、ヘジテーションというステップからテレマークをやってみました。

フロアの端っこまでがーっといって、止まったらくるっとまわって次のLODにむかって進んでいくという、なかなかイカしたステップです。

ヘジテーションがちょっと難しいですが、、これもコツがありましたね。

さあ、来週はもう少しすすめたらと思っています。

わたしも始めてやるので手探りですが、頑張りましょう!!

MENU