若者向けの社交ダンスの始め方についての解説です

【若者向け】社交ダンスの始め方ガイド|ダンスサークルJ

Top / 初心者 / 始め方

【若者向け】社交ダンスの始め方

近年は、テレビ番組 金スマの「キンタロー&ロペス」影響などもあり、社交ダンスに興味を持っている方もいるかもしれません。

でも、

  • お年寄りばかりじゃないのかしら?
  • どこで習えばいいのだろうか?
  • 金額はどのくらいかかるのかしら?
    といった疑問が多数あると思います。

ここでは、若者向け社交ダンスサークルを10年以上運営してきたプロの講師の視点から「若者向けの社交ダンスの始め方」を案内していきたいと思います。

日本での社交ダンスの楽しまれ方

日本での社交ダンスの楽しまれ方は、大きく分けていくつかあります。

  1. 【個人レッスン系】
  2. 【サークル系】
  3. 【競技系】大会を目標としてペアを組んで練習して、踊っている方
  4. 【楽しみ系】ダンスホールなどで踊っている方

大きく分けると、この様な感じなると思います。

【個人レッスン系】
社交ダンス教室において、プロの先生と1対1のレッスン(個人レッスン)を受けているの人たちです。
残念ながら、個人レッスンは中々良い金額(30分3500~6000円)ぐらいするので、個人レッスンだけで社交ダンスを習っている方は、裕福層のご年配の方が中心です。
個人レッスンを積み重ねて、教室の発表会などに出ている方が多いです。

グループレッスンもありますのでそちらに参加する場合は、リーズナブルに習えるでしょう(1時間2000円前後)

【サークル系】
地元の公民館などを中心としたサークルで習ったり踊ったりしている方たちです。日本は社交ダンス大国で、地元の公民館に行けば必ず1つは社交ダンスのサークルがあるでしょう。しかしながら、今現在は高齢化が進み、60代~70代が中心のサークルがほとんどです。

都内や大都市などには、若者向けのダンスサークルがありますので、若い方たちは、まずはそこからスタートすることをお勧めします。

【競技系】
社交ダンスの大会(競技ダンス)を目標としてペアを組んで練習して、踊っている方です。大学のダンス部、またはアマチュア競技会に出て、活躍するのが目標です。子供から大人、年配の方までがチャレンジしています。

社交ダンス教室などに個人レッスンを受けに行っている場合が多く、習った事を練習場などで練習しています。

【楽しみ系】
ダンスホールやワンコインパーティーなどで踊っている方です。
ある程度ダンスを習ってきて、その後は楽しむためにダンスホールで踊ったり、公民館などで開催されているワンコインパーティー(フリーダンスパーティー)に参加している方たちです。

やはり年齢層は高く50代~70代となっています。

どこで始めるのがいいの?

若い方が社交ダンスを始めるとすると、【ダンス教室】、【サークル】、【競技】のどれかなのですが、一長一短があります。

以下に詳しく解説していきますが、結論から言うと若い方たちには断然、【若者向け社交ダンスサークル】がお勧めです。

社交ダンス教室で社交ダンスを始める

実は、日本では社交ダンス教室はとてもたくさんあります。
関東であれば各駅前に1つはある、というぐらいいっぱいあるのです。
よく見てみると、○○ダンススクール、と書かれた看板が町のどこかにありませんか?

そういった社交ダンス教室で、若い方が社交ダンスを始めることは一つの方法だと思います。一般的な社交ダンス教室であれば、プロの先生が正しい踊りをちゃんと教えてくれると思います。

ただ、社交ダンス教室のデメリットは、個人レッスンが中心のため非常に金額が高くなります。(30分弱で3500円~6000円)
もしグループレッスンがあれば、1時間1500円~2000円ぐらいでレッスンが受けることができると思います。
ただ、ダンス教室の方は年齢層が非常に高い場合が多くが、若い方が一人で始めるにはちょっと参加しにくいことが多いかもしれません。

競技会やデモンストレーションなど、何か目標があっての個人レッスンはお勧めできますが、若い方がとりあえずダンス教室で始めてみたい、という場合、同年代が多いダンス教室のグループレッスンをお勧めしたいところです。

川口・日暮里・池袋の社交ダンス教室<タキガワダンススクール>は、30分3000円(現金・税込み)のとてもリーズナブルな金額からの個人レッスンです。発表会・大会なども行われ、楽しめる社交ダンスを企画しています。

サークルで社交ダンスを始める

日本では各地の公民館などで、多数の社交ダンスサークルが開催されています。
地元の公民館に行かれれば、驚くほど多くのサークルが活動しているかもしれません。ただ、残念なことに近年非常に高年齢化しており、ほとんどのグループが60歳以上のサークルになっているかと思います。

じゃあ若い人が集まっている所はないの?というとそんなことはありません。若者向けのサークルは、大都市であれば1つはあると思います。
特に都内では大小合わせて20以上のサークル・グループがあるかと思います。

金額は、大体500円~1500円程度で、1時間から90分ぐらいの講習を受けることが出来ると思います。(500円ぐらいの場合は、プロの講師ではない場合が多いです)
規模や活動内容などはサークルによって様々です。有志で活動している同好会から、教室が主催している所まで、色々なサークルがあります。

サークルによっては、合宿やパーティー・バーベキューなども企画されていたりします。見学・体験ができると思いますので、いろいろ見て回るのも一つの方法かと思います。

始めて社交ダンスを始めるのであれば、初心者専門に行っているところで、しかもゼロからスタートするところがお勧めです。
「初心者クラス」となっていても、すでに経験者ばかりで、その人たちに合わせた内容になっていることも多いです。一定期間ごとにゼロからスタートするところであれば、一つ一つ順番に教えてもらう事が出来るでしょう。ちゃんとしたダンスを踊るために、順番に習う事はとても大事なポイントです。

残念ながら地方で、若者向けダンスサークルが無い場合は、教室のグループレッスンが選択肢になるかと思います。人数を集めて自分たちで作る、のも一つの手ですね。

ダンスサークルJ 初心者講座 募集状況
東京5か所・京都・名古屋、2018年現在累計2000名以上の方がいらしていたき、日本中で社交ダンスを楽しんでいます。全く初めての方のための初心者講座の新規募集状況です。

関東 初心者講座 募集状況 申し込み

2019年9月19日現在 初心者講座・募集状況

初心者講座 蒲田(木)
2019/10スタート!
サークルJ 蒲田1期

7期メンバー募集中! 詳細⇒
申込数…男性2名
    女性5名

初心者講座 横浜(金)
2019/10スタート!
関内馬車道スタジオ

0期メンバー募集中! 詳細⇒
申込数…男性5名
    女性7名

23期メンバー募集中! 詳細⇒
申込数…男性7名
    女性11名

23期メンバー募集中! 詳細⇒
申込数…男性12名
    女性24名

初心者講座 国分寺(土)
次回募集は12/1~
画像の説明

現在経験者のみ募集中! 詳細⇒
申込数…男性8名
    女性9名

初心者講座 渋谷(金)
次回募集は12/1~
渋谷10期

14期の募集は終了しました! 詳細⇒
申込数…男性16名
    女性33名

初心者講座 池袋(火)
次回募集は12/1~
池袋5期

9期の募集は終了しました! 詳細⇒
申込数…男性18名
    女性27名

関西・中部 初心者講座 募集状況・申し込み

初心者 名古屋 栄(水)
2019/10スタート!
栄4期集合写真-2

7期メンバー募集中! 詳細⇒
申込数…男性2名
    女性6名

初心者講座 京都(水)
2019/10スタート!
サークルJ京都,ダンスサークルJ 京都

9期メンバー募集中! 詳細⇒
申込数…男性2名
    女性5名

現在経験者のみ募集中! 詳細⇒
申込数…男性6名
    女性13名

学生競技ダンスで社交ダンスを始める

大学生の方は、大学の部活(サークル)で始める方法があります。
社交ダンス部(競技ダンス部)は、学生競技ダンス連盟に加盟している約60校があります。

関東でも、6大学をはじめ、各国公立、各私大など合わせて30校以上が存在しています。それ以外にも、わずかですが競技志向ではないダンス部がいくつかあるようです。

各大学のダンス部は、とても大きいことが多く、所属人数も30~60名、大きいところは100名近くにもなります。それだけ魅力のある部活だと言えます。
ぜひ、大学に入ってダンス部で社交ダンス(競技ダンス)を始めてみましょう。

もし、ご自分の大学にダンス部がなかった場合は、東部日本学生ダンス連盟に問い合わせたり、近くの大学のダンス部に問い合わせてみましょう。
特例として入会できる可能性があります。(参加人数が増えれば、加盟校として認められます。私の知る限りでは、ICUは、一人の女性が近くの成蹊大学ダンス部に加入希望したのがきっかけで加盟校までになったと聞いています)
ぜひあきらめずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

全日本学生競技ダンス連盟
東部日本学生競技ダンス連盟
関西学生競技ダンス連盟

必要な道具

社交ダンスというと、正装をしてドレスを着て、というイメージが強いかも知れませんが、いつもそのような格好で踊っているわけではありません。

女性は、練習ウェア、スカートにダンスシューズ
男性も、Yシャツ、スラックスにダンスシューズ
というぐらいで気軽なものです。

練習着も2000円ぐらいから1万円ぐらいで手に入りますし、始めるにあたって高額なものをそろえる必要はありません。

当サークルの初心者講座では、気軽に始めてもらいたいので、もっとラフにTシャツ&ジャージで始められてもOKにしています。
ある程度上達してきてダンスにはまりだすと、色々とおしゃれをしたくなったりしてくるとは思います。そのときに色々と買えばよいと思いますよ。

ただし、ダンスシューズだけは必要です。
ダンスシューズは、裏側が皮(牛皮)で木製のダンスフロアで適度に滑るようになっています。スニーカーなどのゴムは、上手く滑らないので逆に足を痛めてしまうのでダメです。
女性は、ヒールですが頑張って慣れましょう。

ダンスシューズは以下のお店がお勧めです。
ただ気を付けなくてはいけない事が一つあります。
それは、ダンスシューズは実際に履いてみないと中々合わない、という事です。
ぴったりとしたシューズが必要なため、普段皆さんが履いている靴より、大体一回りか二回り小さいサイズになることがほとんどです。

ネットで買う事も今は簡単ですが、最初はダンスショップに直接言って、合わせて買う事をお勧めします。

ダンスシューズのケント⇒
18000円前後と、金額はかなりしてしまいますが、日本製の日本人のためのシューズです。プロの先生も多数愛用しています。上野のお店に行けば、足に合わせて調整を行う事も出来ます。

ダンスシューズドットコム
10000円前後とかなりリーズナブル。耐久性やフィット性などは残念な部分はありますが、スタンダード・ラテン兼用のシューズが、とりあえず初心者にはお勧めです。銀座と浦和にお店があります。

どのくらい習えばいいの?

社交ダンスは、種目が多い上にペアで踊るという他のダンスより難易度が高いダンスです。そのため、しっかりと踊れるようになるまで時間がかかるダンスです。

出来れば初心者のうちは、週2回をお勧めしたいところです。
週1回だと、覚えたことのかなりを次の週までに忘れてしまいます。たとえ1回30分でも週2回やると、週1回の時に比べて3倍ぐらい早く上達すると思います。

もちろん週1回でも、上達はしてくので安心してください。ただ、あまりに内容が進まない場合などは、習う場所を変えることも考えてもいいかもしれません。

例えば、当サークル<ダンスサークルJ>では、週1回90分のレッスン&自主練習タイム30分 の120分を半年間25回を行う事で、10種目をすべて覚えることができます。半年間通った方は、社交ダンスの初級レベルを踊れるようになります。

もちろん、上手に踊れるようになるというのはまた別です。
競技会などに出場して踊っている方、しかもA級ともなれば、何年にもわたりレッスンを受け自主練習を積み重ねてきた人たちです。
大体、週3~4回自主練習&個人レッスンというのを何年も重ねて、上級者の踊りになっています。千里の道も一歩からですね。

もちろん、そこまで上達しなくても社交ダンスを楽しむことはできます。
ダンスパーティーで踊ったり、発表会で踊ったり、サークル向けの大会に出てみたりと、幅広く楽しめるので心配する必要はありませんよ。

まとめ

以上が、若い人たちが社交ダンスを始めるときのガイドとなります。

現代では、事前にいろいろとインターネットで調べることはできます。
大体の傾向として、インターネットでの発信に力を入れてウェブサイトが充実している所は、ダンスの中身も充実していることが多いと思います。

ただ、いまだにインターネットってなに?FAXで連絡して~という人が、まかり通っている世界が社交ダンスの世界でもあります。
インターネットに情報が無い場合もありますし、インターネットの情報と実際が全然違い場合もあるでしょう。噂やウェブサイトだけを丸のみにせず、実際に見てみたり体験するが一番です。

ぜひ楽しく社交ダンスを続けられる場所を見つけてみてください!

MENU