渋谷池袋の期が終わったので、新しい子が参加し始めましたね。ちょっと最初は難しく感じると思いますが、なん度も繰り返して、習得していきましょう

6月は、男性祭りの時が増えています。
先日は、男性が女性の倍!

*パソドブレ⑥

1. スパニッシュライン(セパレート) 1234
2. フラメンコタップ(バリエーション) 1&2&34
3. ラウンドウォーク() 1234 1234
4. プロムナード 1234 1234
5. グランドサークル 1234 1234
6. フォーラウェイリバース アンド オープンテレマーク(足を上げた状態で止まる) 1234 1234
6. カウント2で足を下して 12
7. 2歩歩いてレフトホイスク 1234
8. ロンデ&ランジライン 1234 12
9. 引き寄せてフィニッシュ 34 ジャン
第2ハイライト
パソドブレ⑥はだいぶ難しくなりますね。
特に難しいのが、フォーラウェイリバースからのテレマークですね。
とても良く使われるステップなのですが、トラブルの元でもあります。
最初のフォーラウェイからのロンデは、腕とボディを逆にひねります。
次のスリップピボットは、女性はひだりにひねる。男性は後退で避けてください。
そして最後のテレマークは、女性が避けて男性がまたぎます。
スタンダードと同じテクニックなのですが、なかなか難しいのでしっかりおぼえてください。
最後のエンディングの部分が一番高難易度ですね。レフトホイスクをして、ロンデをしてチェンジオブプレイスをして、ラインを作って、フィニッシュする。
ちょっと難しいので一つ一つ丁寧に覚えてくださいね。

*スロー④


1. ホバーテレマーク to PP (Hover Teremark to PP) SQQ
2. ウィーブ from PP (Weave from PP) SQQQQQQ
3. リバースターンの1~4歩 (最終歩を壁斜めへ)(Reverse Turn 1~4) SQQS
4. ベーシックウィーブ (Basic Weave) QQQQQQ
5. チェンジ オブ ダイレクション(新LODの壁斜めへ向かって終わる) (Change of Direction) SQQ

スロー④ですね。
ウィーブシリーズがいっぱい出てきます。
ウィーブには大体3種類あります。
・ウィーブfromPP
・ベーシックウィーブ
・ナチュラルウィーブ
どれも似ている部分はありますが、それぞれ特徴があります。
ウィーブは、PPから左回転をします。ベーシックウィーブはリバースターンの1〜4歩と繋げて使います。
しっかり覚えてくださいね。

*つぶやき

さてちょっと先日、気になったことがありました。
あるメンバーのこと話しているうちに、「先生は教えている時に贔屓している」と思われているのかな、ということを感じたことがありました。
基礎練習の際に、私はあちこり回りながら良くないところ直したりしているので、その際に贔屓していると思われたのかな、とおもったのですが、、、
おそらくその子はあまり直されたりしなかったのを、先生は他の人を贔屓している、と思ったのでしょう。
でも実際は、ダメな部分を直していることがほとんどなので、何も言われない人の方が良くできているのですよね。
正直、グループレッスンの特性上、悪い人や悪い部分を直した方が、進行がうまくいくので、どうしてもそうなってしまうのですが、、
レッスンって難しいですね。
まあ、基本的に贔屓は嫌いなので、そう言ったことは極力やらないようにしているつもりです。
でもフリータイムで目の前で気になった子を直したりすることもあります。
もちろん聞きにくれば教えます。ただそれはやりすぎちゃうと、個人レッスンでしっかりお金払って受けている子達をないがしろにしてしまいますから、その辺は全力では教えられないのもあるのは理解してもらえると嬉しいです。

でもやはり頑張っている子、努力している子、そして自分から聞きに来る子はちゃんと見ていますよ。
ダンスは、自分との戦いでもあります。自分を磨くために、がんばりましょうね。
若者向け社交ダンスサークル<ダンスサークルJ>