みなさんこんにちは!

日暮里19期のKAZUKIです!8/15(水)のレポートをお送りします。

 

Jカップまで3週間ほどということもあるせいか、

お盆中にも関わらず多くの方が参加してくださいました!

タンゴ、ルンバと両方ともJカップで行う種目を行いました。

 

タンゴ

③のステップから5ステップが入ってきました。

キレよく踊れるととてもカッコよくできます。練習していきましょう!

また、ヴェニーズワルツのリバースターンの要素も入ってます。

 

ステップ

—-

1. 5ステップ(Five Step QQQQS

2. オープンプロムナード Open Promenade) SQQS

3. ベーシックリバースターン Basic Reverse Turn) QQ&QQS

4. プログレッシブリンク(Progressive Link QQ

5. オープンプロムナード Open Promenade) SQQS

6. アウトサイドスイブル Outside Swevel) SQQ

7. コントラチェック Contra Check) SQQ






 

ポイント

 

・基本の姿勢

ステップに入る前に、リーダー、パートナーとスタンダード、ラテンに共通して言えることですが、背骨を意識するときに背筋をまっすぐすることが大切です。

猫背になっていると、お互いに踊りづらくなりますし、見た目がすごく悪く見えるので注意していきましょう!



 

3. ベーシックリバースターン Basic Reverse Turn) QQ&QQS

リーダーはヴェニーズワルツのリバースターンと同じで、前進しましょう。

パートナーは逆に後進になりますね。

ここでもう一つ大切なポイントがあります。最後しっかり足を揃えて止まりましょう!

 

7. コントラチェック Contra Check) SQQ

リーダーは手でコントラチェックをする意識を捨てると良いと思います。

先生がお尻を傾けるイメージと言ってましたね!

 


こんな感じになると最悪です。。あわわ。。

 

 

一通りみなさんタンゴの③を踊れるようになりました。

 

ルンバ

以前行った①から派生させたステップになります。

①と繋げてもいいかもですね!

 

ステップ

—-

0. 予備歩 Preparation Step 41

1. アレマーナ Alemana 2 3 41 2 3 41

2. クローズドヒップツイスト Closed Hip Twist 2 3 41 2 3 41

3. ホッキースティック Hockey Stick 2 3 41 2 3 41

4. オープン ベーシックムーブメントの1~3歩 Open Basic Movements 2 3 41

5. ナチュラルトップ Natural Top 2 3 41 2 3 41 2 3 41

6. ファンディベロップメント Fan Development 2 3 41 2 3 41

7. ホッキースティック Hockey Stick 2 3 41 2 3 41






 

ポイント

 

1. アレマーナ Alemana 2 3 41 2 3 41

よく使いますね。回すときは手を伸ばしすぎず、パートナーの頭の向こう側へ回してあげるイメージをしましょう。回りやすくなると思います。



 

2. クローズドヒップツイスト Closed Hip Twist 2 3 41 2 3 41

個人的には簡単そうに見えて、意外とタイミングが合わないと難しいステップだと思います。

ホールドを組んだまま、パートナーはリーダーの右側に後退してから体重移動をしてヒップアクションを行ないます。

パートナーを前進回転へリードするタイミングと、を正面にリードする(3.4)を意識して練習していきましょう!

 

5. ナチュラルトップ Natural Top 2 3 41 2 3 41 2 3 41

ヒップあげましょう!見た目簡単ですが、実際やってみるとホールドをしながらのため難しいです。

進む時のロックする足がわのヒップ落ちている人が多かったので、

意識するだけで綺麗になると思います。



 

7. ホッキースティック Hockey Stick 2 3 41 2 3 41

リーダーは左手で窓を作ってあげ、パートナーを覗けるぐらいの広さを確保しましょう。

 

 

Jカップまであとわずか!

練習は大切ですが、ペースを乱してけがをしないようにしてくださいね!

ではでは

若者向け社交ダンスサークル<ダンスサークルJ>