また暑さが戻ってきた一週間でした。

無事夏も終わりそうですが、あの大震災から、まだ半年しかたっていません。

あのころは日常が戻ってくるのかが不安な毎日でした。

日々すごせる、日常のありがたさをかみしめなければいけませんね。

のど元過ぎれば、ということではいけないと思います。

 

今週の男性は13人 女性12人

連休ということもあるのでしょう。少々少なめでしたね。

でも、もう6期は次回が最終回なのです。月1飲み会もあるので最後はバーッと打ち上げましょう。

 

そして、今日の注目は、ばんちゃん・・・・ではなく、バンちゃんの元パートナー!!

うん・・・びっくり。およそ日本人規格ではなかったです。。。素敵すぎました。 :oops:

 

●ルンバ

覚えていますか?
  • クローズドヒップツイスト
  • ナチュラルトップ
  • ファン
どれも重要なステップです・・・ファンは重要じゃないかもしれないけど

 

アレマーナからの派生がたくさんあることを説明しました。

どのステップに派生するかは男性のリードが重要ですから、よく覚えていてください。

大体、どの辺に手を置くか、どのタイミングで手を挙げるかが基本になります。

 

もう一つは、ホールドの大切さ。ラテンではホールドが忘れられがちですが、

ナチュラルトップ、クローズドヒップツイスト、どちらもしっかりとしたホールドが重要です。

スタンダードのホールドは形が違うので間違えないでくださいね。

動画はこちらに修正します・・・

 

●タンゴ

こちらも復習ですね。

ベーシックリバースターンの内回り外回り。

実際に女性がどの辺に足をつくのかをやりました。

 

アウトサイドスイブル手前のオープンプロムナードは、逆側へ絞っている人が多いですよ。

実際、学連ダンサーのほとんどが逆にアウトサイドスイブルをやっています。

まあトッププロでも間違えてやってたりして、何年か前に日本インターの規定フィガーで話題になったくらいですから、仕方がないのかもしれませんが。

そして、女性は顔の向き & 髪の毛を振り乱せ!?

顔を素早く振り向かせましょうね。ぶんぶん振り乱してください。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、6期も次回で最終回!! 涙、涙の最終回か?

7期はすでに、募集がたくさん来ていますよ。

乗り遅れないように、急いで申し込みましょう^^

やりたいと思った時が、はじめ時です。

(実際、間を置くとほとんどの方が、始めるチャンスを失ってしまうみたいです)

 

———————–今週のつぶやき——————————–

 

今週は、学連の練習会の様子をレポートしてみたいと思います。

 

まず、学連とは??

全日本学生競技ダンス連盟という団体に所属する、大学のダンス部(もしくはダンスサークル)のことです。

略して学連。

多くのプロダンサーが学連出身で、僕も東京都立大学ダンス部の出身です。

関東で、確か30団体ほど。

全国で確か60団体ほどあったと思います(ちょっと記憶が確かでないのですが)

首都大学ダンス部

 

学校にもよりますが、部員は15名ぐらいの小団体から100名以上の大団体の部活まであります。

学生のみが出る大会を自主運営し、その大会で優勝することを目指してみんな朝から晩までダンスに漬かります。

(なんのために大学生になったんだ・・・という突っ込みはスルーします)



 

そんなダンス部に久しぶりにOB xx年として見に行ってきました。

最近も活躍が、聞こえてきてプロ選手もやたらと多く輩出している母校ですが、

最近の男子の草食化が進んでいるとの噂も聞き、心配半分で見に行きました。

ちなみに、手前味噌ですし自分が直接貢献できたわけではないのですが、わたくしたちの代は4年生の時に、全日本で団体優勝しました。

 

当日は朝9時から始まっているとのこと。

場所は、東京の西のはずれ。実践女子大学日野キャンパス・・・朝9時は無理!!

しかし、夕方は、JのFMとサークルがあるので、のんびりもできず。

眠い体に鞭打って行ってきました。

 

体育館に近づくと懐かしの掛け声が聞こえてきました・・・・・



次回に続く若者向け社交ダンスサークル<ダンスサークルJ>