秋にあった全英選手権では、大波乱。

リカルド組が、ラテンチャンピオンのマリトースキー組をやぶり、3大大会で初の優勝をしたり、

スタンダード2位のビクター組が3位のアンドレアに破れたりと、注目の大会でした。

それの流れが続くのか?

カップル復活との噂のミルコはでてくるのか?

チャンピオンの行方は?

今回のUK選手権はとても興味のある大会でした。

結果は、、、

スタンダード

1位 アルナス&カチューシャ組
2位 ビクター&アナスタシア組
3位 アンドレア&サラ組
4位 ドーメン&モニカ組
5位 バレリオ&ユリア組
6位 サーシャ&ナターシャ組

となりました。見事ビクターが2位に返り咲きです。

ラテン

マイケル&ジョアンナ組
リカルド&ユリア組
セルゲイ&メリア組
マウリツオ&アンドラ組
アンドレア&メリンダ組
エマニュエル&エリサ組

こちらもマイケルが見事返り咲きです。激戦だったようですね。

今回は、いくつかYouTubeで動画が出回っているのですが、許可が出ているのかがはっきりわからないため掲載はしません。

ただ、ちらっと見た限り・・・う~ん、セルゲイの方がいい踊りだと思うんだけどなあ。

タイプが違うのはわかるのですが、、マイケルの踊り方は、ずいぶん昔に比べてトリッキーさを減らしています。

いわゆるみんなが今踊っている流行の踊り方に近づいていると思います。

が、それがどうも変に見える・・マイケルらしさがなく、中途半端な感じ。

チャンピオンに対して、一介のダンサーの意見などおこがましいとこもありますが、正直な感想ですね。

ちなみに、アマチュアスタンダード2位にいつの間にか中国の選手が食い込んでいます。

もっというと、アマチュアスタンダードの決勝6組中4組がポーランド勢です!!

たぶん近いうち、アンドレアを筆頭にポーランド旋風が巻き起こるでしょう。

って、ヤン・チャオどこいっちゃったの???

そして、ミルコは競技はでないの??? エディータとは仕事だけとか、実は2人はラブラブだとかそんな話もちらほら聞くのですが・・どこまでほんとなんでしょうか。

投稿者プロフィール

滝川 洋信
滝川 洋信
大学生の時に社交ダンス部(競技ダンス部)で社交ダンスを始めました。社交ダンス講師歴20年、教えてきた生徒の数は1500名を超えました。
現在、池袋と川口で社交ダンス教室を運営し、若者向け社交ダンス<ダンスサークルJ>や<ダンスサークルアクト>を開催しています。
合同会社タキガワダンススクール代表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です